手術室内の風景

最初の部屋がこちらとなります。まずここで、事故防止のため、患者様と一緒に、氏名・血液型・手術部位の確認をさせて頂きます。その後、手術用ベッドへ移動し入室となります。

次に手術室内となります。麻酔器・救急カート・無影灯・電気メス等は常に設置してあります。各手術室内にテレビモニターが設置されているため、手術をモニタリングすることも可能です。

ここで、主治医・手術室看護師は清潔操作をするため、手洗いを行ない手術へ臨んでいきます。