放射線治療部門のご紹介

放射線治療専門医が常勤で勤務しており、安心して治療を受けて頂ける治療室です。放射線治療専門の診療放射線技師や看護師が精一杯心を込めて、患者様の治療をサポートします。また、治療に関する質問や不安に感じていることなど、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。私たちが全面的に患者様の支えとなり、円滑な放射線治療の実施、治療効果の向上を目指します。

放射線治療とは?

放射線治療は、手術や化学療法と共にがん治療を支える三本柱の一つです。放射線を体の外から照射してがん細胞の遺伝子に傷をつけがんを絶滅させる治療法です。放射線により、がん細胞の分裂を抑えることによってがんを縮小または消失させることが可能です。

放射線治療の特長
  1. がん治療の中でいちばん副作用が少なく、体の負担が少ない。
  2. 外来通院でも可能で、仕事を続けながらでも治療できる。
  3. 早期がんから緩和ケアまで幅広い治療ができる。
  4. 手術や抗がん剤との組み合わせで、より良い治療効果が得られる。

放射線治療は、手術同様、がんとその周囲のみを治療する局所治療です。手術と異なり、臓器を摘出することなく臓器をもとのまま温存でき、治療前と同様な生活を送ることが可能です。副作用も少なく、全身状態が良ければ、外来通院での治療も可能です。がんを治すことを目的とした治療(根治治療)から、骨転移による痛み、脳転移による神経症状、がんによる神経、気管、血管への圧排症状を和らげるための治療(緩和治療)まで幅広い役割を担っています。もちろん、手術や化学療法と組み合わせてお互いの足らないところを補い合い、治療効果を高めることが可能です。

<適応疾患>
・脳腫瘍 ・副鼻腔癌 ・舌癌 ・喉頭癌 ・上咽頭癌 ・中咽頭癌
・下咽頭癌 ・甲状腺癌 ・食道癌 ・肺癌 ・乳癌 ・胸腺腫 ・肝臓癌
・胆管癌 ・膵臓癌 ・膀胱癌 ・前立腺癌 ・悪性リンパ腫 ・子宮頚癌
・子宮体癌 ・卵巣癌 ・転移性骨腫瘍 ・リンパ節転移 ・他の悪性腫瘍
放射線治療を開始するまでの流れ
1.放射線治療専門医による診察・インフォームドコンセント(説明と同意)

放射線治療専門医から患者様へ、治療期間、日常生活の留意点、治療による副作用など、放射線治療についての説明を行います。患者様には少しでも不安のないように治療内容についてご理解いただき、同意をいただけましたら治療を開始します。

2. CTの撮影

治療を始める際、CT装置を用いて病気の位置、大きさを3次元的に確認します。このCT画像が放射線治療を行うための基準となる画像になります。

3. 放射線治療の計画

CT画像をもとに治療計画専用の装置を使って治療計画を練ります。

治療計画では病巣に放射線を集中させるとともに正常組織への影響を抑えるために線量分布を計算し最適な照射方法を決定していきます。

4. 放射線治療を行う前の検証作業

装置の動作の確認や放射線の量が計画した通りに出力されているか、様々な機器を用いて検証を行います。

5. 放射線治療の開始

治療のたびに治療計画の基本画像と腫瘍の位置にズレが生じていないか画像を撮影し必ず確認を行います。治療位置は治療計画時の基本画像と治療毎の画像を特殊な寝台によって照合し画像が一致した時点で治療を開始します。

治療による痛みや熱さを感じることはありません。治療中は不安になるかもしれませんが、治療にあたるスタッフが常にテレビモニタ越しで見守っておりますので、安心して治療をお受けください。

6. 治療期間中の症状確認と治療終了後の経過観察

治療期間中は定期的に医師が診察を行い、副作用の有無について確認します。

患者様が無事に治療を受けられるように、看護師は副作用の対処方法、治療中や治療終了後の日常生活の留意点について説明します。

患者様が安心して治療を続けられるように身体面、精神面ともにサポートしています。放射線治療に関して気になることがあれば、お気軽にお声かけください。

放射線治療に関する専門の知識を備えた医師・診療放射線技師・看護師等の多くのタッフが協力し連携し合うことで、患者様に安全で正確な治療を提供します。

当センターの放射線治療装置について
放射線治療装置(ELEKTA Axesse)

当センターの放射線治療装置ELEKTA Axesseは、高度なコンピュータ制御により、一般照射の他、定位放射線照射(STI)、 強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)に対応した高性能装置です。

治療計画装置

複数の放射線治療計画装置を用いて、放射線治療専門医と医学物理士の資格を有した診療放射線技師との共同作業によって照射角度や照射範囲、放射線の量などをシミュレーションし、最適な照射方法を決定します。

放射線治療の品質を維持するために

高精度な放射線治療システムを駆使し、安全に正確に治療を実施するためには、継続的な装置の精度管理が非常に重要です。

治療装置の点検は欠かせません

毎朝、装置性能と安全性の確認を治療開始前に実施しています。点検はメーカーによる定期点検の他に、点検計画に基づき毎週、毎月行わなければならない多くの項目を診療放射線技師が欠かさず行っております。装置の精度管理によって放射線治療の品質を維持し、患者様が安心して治療を受けて頂くための大切な作業になります。

放射線測定器を用いた装置の精度管理

放射線量に関して、第三者機関による外部評価を受けています

放射線治療を行う上で、病巣へ正確に放射線量を投与することは、非常に重要です。

当センターでは、自施設で放射線量の管理している以外に第三者機関(医用原子力技術振興財団)による放射線治療装置の出力の妥当性を確認し放射線治療の品質維持に努めております。放射線治療を受けていただく患者様に少しでも安心して治療を受けていただくための取り組みを行っております。

第三者機関による測定実施証明書

画像誘導放射線治療(IGRT: Image Guided Radiotherapy)

放射線治療では、腫瘍に放射線を正確に照射することが非常に重要です。体内にある腫瘍は、外から確認することができません。治療の際に毎回画像を取得することによって病巣位置や体位のズレを確認し、そのズレを画像照合によって調整することによって正確に治療が行われます。

正確な治療を行うために・・・

<例:肺癌の画像誘導放射線治療(IGRT)の流れ>

@治療計画で腫瘍や臓器の位置を把握し、基準となる治療位置を決定します。

A日々の治療において、治療寝台に毎回同じように寝ることはできず、寝るたびに体の傾きや腫瘍の位置は異なります。そのため、毎回の治療の際に画像を撮影し確認します。

B基準画像と毎回の治療の際に取得した画像を比較して、腫瘍 (赤線) と臓器 (黄線)の位置や体の傾きを確認します。

Cわずかでもズレを認めた場合には、治療寝台の位置や角度を0.1mm、0.1°単位で調整することで、腫瘍の位置や体の傾きを治療計画通りに補正し照射を行います。

※ 位置合わせのための皮膚マークなしで治療が可能に

当センターでは原則として皮膚へのマーキングは行っておりません。画像誘導放射線治療(IGRT)の技術を活用することで、従来の放射線治療で位置合わせに必要であった皮膚のマークが不要となりました。画像による正確な位置合わせによって治療期間中の煩わしい印が無くなり好評を頂いています。

定位放射線照射 (STI: Stereotactic irradiation)

定位放射線照射 (STI) とは、病巣に対し多方向から放射線を照射することで腫瘍へ放射線を集中させる方法です。通常の放射線治療と比較し、周囲の正常組織に当たる線量を極力減少させることが可能となります。体全体をしっかりと固定し、病巣の動きを少なくすることで正確な治療が可能となります。定位放射線照射では、治療装置や体を固定する精度をmm単位で管理し、治療を行います。

<適応疾患>
・転移性脳腫瘍 ・髄膜腫 ・聴神経鞘腫 ・脳動静脈奇形 ・頭蓋咽頭腫
・下垂体腺腫 ・原発性肺癌 ・転移性肺癌 ・原発性肝癌 ・転移性肝癌

体幹部定位放射線治療

何か参考になる資料はないですか?

当センターでは、患者様が安心して放射線治療を受けて頂けるよう、放射線治療ノートを作成し、患者様にお渡ししております。治療ノートの内容は、放射線治療の概要説明から、放射線治療の流れ、日常生活の過ごし方まで幅広い内容となっています。

放射線治療に関する質問等、治療スタッフにお気軽にご相談ください。

ページ先頭へ