透視・造影部門 責任者/主査 坂井朋夫

血管造影検査について

当センターの血管撮影装置は従来の装置に比べ、歪が少なくより詳細で鮮明な画像を撮影する事が可能です。

この装置は、血管撮影装置でありながら、CTのような画像を撮影することができ、多くの画像情報を一台の装置で得ることができます。そのため、血管撮影装置からCT装置へ患者様を移動すること無く手技を進めることができ、より安全に、効率的に検査・治療を受けて頂けます。

また、本装置には血管内治療において有用な「3Dロードマップ」と呼ばれる機能があります。この機能により、血管撮影によって得られたデータから立体的に血管の地図を表示し、治療部位までの道案内をすることが従来の装置よりも簡便に行うことができます。

血管内治療の普及と進歩に伴って、長時間の透視が必要とされる手技も多くなってきました。本装置には、リアルタイムでX線量をモニタリングする機能や、無駄なX線を除去する機能などが搭載されており、患者様の被ばく低減と画質の向上を両立させております。

血管撮影ってなに?

動脈及び静脈に造影剤を注入してX線撮影を行い目的の血管を描出する検査です。

一般的な方法として、足の付け根や、肘、手首の血管などから、目的の血管にカテーテル(合成樹脂でできた細い管)を挿入して造影剤を注入して撮影します。最近では、血管撮影の技術を使って血管の狭い部分を拡げたり、がん等を治療するために抗がん剤を注入したり腫瘍の栄養血管の血流を遮断する血管内治療(IVR)も行われるようになっております。

どうやってカテーテルを体内に挿入するの?

一般的に、足の付け根や、肘、手首などの、体表に近い動脈から体内にカテーテルを挿入します(Seldinger法)。

  1. 穿刺部周辺を消毒し、目的血管を触知後、穿刺部位の局所麻酔をします。
  2. 目的血管の穿刺を行います。
  3. 穿刺した針の中に、ガイドワイヤーと呼ばれる細い針金のようなものを挿入します。
  4. カテーテルを出し入れする際の通路となるシースを留置します。
  5. その後、カテーテルを目的の血管まで進め、検査、治療を行います。
心臓カテーテル検査で何がわかるの?

心臓に酸素と栄養を供給している血管の狭窄や閉塞を診断し、治療します。

心臓の血管は左に2本(左冠状動脈として前下行枝と回旋枝の2本)、右に1本(右冠状動脈)大きなものがあります。これらの血管にカテーテルを挿入し、造影剤を注入し、X線撮影を行うことで、血管の狭窄や閉塞を診断します。血管に病変が発見されると、バルーンやステントを用いて血管を拡げる治療(PCI:経皮的冠状動脈インターベンション)を行います。

PCIは使用する治療器具によって「バルーン形成術」「ステント留置術」「方向性アテローム切除術」「回転性アテローム切除術」などがあります。

バルーン形成術
先端にバルーン(風船)が付いたカテーテルを病変部まで導き、加圧器を使ってバルーンを拡張し血管を押し拡げます。
ステント留置術
医療分野で安全性が確認されている金属チューブを網目状に加工したステントをバルーンと共に病変部まで導き、バルーンを拡張することでステントを留置します。近年ステントに細胞の増殖を抑制する働きのある薬剤をコーティングしたステントが開発されております。このステントにより再狭窄や再閉塞率を減少させるという多くの学会発表がされております。

冠状動脈血行再建術

冠状動脈血行再建術

脳血管撮影で何がわかるの?

脳の血管を造影剤によって写し出す検査です。

脳を栄養している血管は左右の内頚動脈と椎骨動脈の計4本です。これらの血管に造影剤を注入しX線撮影を行い、動脈瘤や血管奇形などの診断、治療を行います。

内頚動脈

椎骨動脈

血管内治療

カテーテルを目的血管まで導いて、金属製のコイルや血管塞栓物質を詰めることにより、血管疾患を治療します。非常に柔軟で細いマイクロカテーテルを進めて、脳内の動脈瘤の中に挿入します。ここから、プラチナ製のコイルを順次動脈瘤の中に充填していき、動脈瘤を内部から塞栓(塞ぐこと)し、脳の正常血管を残しながら、動脈瘤だけを閉塞します。

腹部血管撮影で何がわかるの?

肝臓の血管を造影剤によって写し出す検査です。

肝細胞癌は主に、肝臓の動脈からの栄養を受けています。この血管を血管撮影とCTの画像を合わせて診断します。

CTA・CTAPとは

カテーテルを肝臓の動脈に挿入し、造影剤を注入しながら同一装置でCT撮影を行います。

この検査は腫瘍に対する検出能の最も高い検査のひとつです。正常の肝臓は動脈と門脈という2種類の血流で支配されています。通常、肝臓は20〜30%が動脈、残り70〜80% は門脈の血流が優位です。それに対し、肝細胞癌は、門脈からの血流がほとんどなく、ほぼ100%肝動脈で支配されています。そのため、門脈を写すCTAPでは、腫瘍は、周りより黒く写り、肝動脈を写すCTAでは、白く写ります。

血管塞栓術(TAE)

TAEは切除不能肝癌の治療において中心的な役割を果たしてきました。近年ではマイクロカテーテルの普及や撮影装置の改良によって超選択的なカテーテル挿入が可能になり、高い治療効果を得ることができるようになりました。腫瘍に流れこみ栄養を送っている動脈をゼラチンスポンジなどの血管塞栓物質によって血流を遮断し治療します。この様な事から癌を兵糧攻めにする治療と良く例えられます。

X線TV装置をもちいた透視造影検査について

エックス線透視を利用し、さまざまな検査や治療が行われています。一般的なものとして健康診断でバリウムを使った胃上部消化管検査が広く普及しております。当センターでは地域の病院より紹介された胃や大腸の手術前検査が多く行われております。

椎間板ヘルニアなどの手術前検査(ミエロ)

腰椎から脊髄腔に造影剤を注入してヘルニアなどの状態を確認します。検査中もMRI画像やCT画像を確認しながら慎重に病変部の状態を検査します。検査後にCT検査室へ移動し、さらに詳しく病変部の状態を調べます。

内視鏡を使った総胆管結石の排石治療

開腹より浸襲の少ない内視鏡による治療が優先的に行われますが、透視を使いながら胆汁や膵液の出口のファータ―乳頭に細い管やガイドワイヤーを挿入し切開や排石などの治療を行います。十二指腸にある数ミリ程度の乳頭部に処置を行っており、ミクロの決死圏のような臨場感があります。

その他

骨折時の整復や尿管結石の検査や治療、腸管閉塞時のイレウス管挿入術など、さまざまな領域の検査や治療を行っております。

ページ先頭へ