医療安全のための業務改善計画報告会

2019年 04月 28日

2018年度の院内における医療安全確保のための業務改善計画報告会を行いました。

病院内には、診療部門(医師)、看護部門、コメディカル部門(薬剤部、放射線部、臨床工学部、理学療法部、栄養管理部、検査部、事務部等)の様々な職種が働いています。その様々な職種が協働し、患者さんの安全確保や安心して診療を受けられる環境やシステムの構築のために、年間を通して業務改善計画を立て、計画の実施、評価、計画の修正、評価を繰り返し行っています。

1年間を通して、40部門で取り組みが行われました。その中から10部門を選抜し、「手術室の効率的な運用」や「産褥期外来と育児フォローのための外来の整備について」「安心安全な緩和ケアの提供」「転倒転落防止対策について」等の報告があり、成果の見える報告会となりました。

病院内の様々な職種が各々どのような患者サービスを提供しているのか、職員同士が知る機会ともなりました。今後も、患者さんの安心安全のための取り組みを継続して行きたいと思います。

ページ先頭へ

2019年度 新入職者オリエンテーションが行われました

2019年 04月 27日

2019年度 新入職者オリエンテーションが行われました。今年も医師、看護師、栄養士、放射線技師、理学療法士など、様々な職種が入職しました。

オリエンテーションは、救急看護認定看護師による「BLS/AED」「輸液ポンプ・シリンジポンプの正しい取り扱い(テルモ株式会社)」「深部静脈血栓塞栓症予防(日本コヴィディエン株式会社)」について専門職である方々の協力を頂き、演習をメインに、安全な取り扱いや対応について学習する機会となりました。

入職して3日目、まだまだ表情が固い出席者でしたが、グループ毎に各ブースを回り、担当講師との質疑応答や、患者体験を行う中で、実際に対応する際のイメージを膨らませ、終了時には表情に活気がみられていました。安全で適切な対応を行う第1歩を踏み出しました。

ページ先頭へ

医療安全ラウンド 車いす点検

2018年 12月 15日

10月、11月、リスクマネージャーによる医療安全ラウンドを年間計画に沿って行いました。

11月は、車いすの集中点検を行いました。ブレーキがしっかりかかるか、フットレスト(足台)やシートに破損はないか、タイヤの空気は漏れていないかなどを確認しました。患者さんの視点で、実際に車いすに乗ってみました。乗り心地を含め常に安全な車いすを常備していきたいと思います。

ページ先頭へ