藤田 知之

乳腺科
藤田 知之

進行乳癌に対するがんペプチドワクチン療法の臨床研究
がんペプチドワクチン療法とは

体が本来持っている免疫力を利用して、がん細胞を攻撃する唐ェんペプチドワクチン療法狽ェ、手術、抗がん剤、放射線療法に次ぐ治療法として、従来の治療が効かなくなったがんの患者さんや専門家から注目されています。また昨年末にNHKの番組や新聞での特集などを通じて、見聞きされたことがある方もいらっしゃると思います。東京医科大学茨城医療センター乳腺科でも東京大学医科学研究所 中村祐輔教授との共同研究により、従来の治療が効かなくなった進行乳癌の患者さんに対して、がんペプチドワクチン療法を行っていますのでご紹介します。

抗がん剤を使ったがん治療では、細胞を直接攻撃することによりがん細胞の増殖を抑えますが、正常細胞も攻撃してしまうため強い副作用がでる場合があります。最近、ヒトの体の中にもがんを攻撃・破壊するリンパ球があることが証明され、ある決まったHLA(白血球の型のことで、血液型みたいなもの)とがんに多く発現している小さいペプチド(タンパク質の小さいもの)を認識して、このリンパ球が増殖することが分かってきました。そこで、このペプチドを患者さんに投与することで、がんを攻撃・破壊するリンパ球を育て、がんの治療につなげようとする新しい治療法が欧米を中心に世界各地で試みられています(図1)。

図1

がんワクチンのしくみ
臨床試験について

ある病気に対して新しいお薬が一般的な治療として使われるようになるためには、「臨床試験」が必要です。臨床試験は、患者さんの同意をいただいた上で、新しい薬の有効性(効果)と安全性(副作用の程度)を調べます。現在、乳がんに有効なお薬や治療法はたくさんありますが、現在の治療法は世界中の臨床試験によって、長い年月をかけて、少しずつ進歩し確立されてきました。臨床試験を実施するときには、その内容が事前に審査され、承認された上で行われなくてはいけない決まりになっているため、がんペプチドワクチン療法も当センターの臨床研究倫理審査委員会で審査を受け、その内容が適切、安全であり、患者さんの権利が守られていることが確認され承認されています。進行乳癌に対するこのワクチン療法の基礎的な研究では、すでに有望である可能性が示されておりますが、ヒトにとっても安全であり、乳がんに対して本当に有効であることを確認するために臨床試験を行っています。

参加条件

@標準的な治療法の選択がたいへん難しくなっている進行乳癌であり、A他の重い病気にかかっておられず、全身状態が安定し、Bこのワクチンで治療を受けた際に免疫システムが反応できるHLA型を持っていること。以上の全ての条件を満たすことが最低条件となりますが、希望すればどの患者さんでも必ず臨床試験に参加できるということではなく、ご参加いただけるかどうかは担当医が総合的に判断いたします。

投与方法・スケジュール・有害事象・費用について

1週間に1回、わきの下や足の付け根付近などの皮下に、約2ccのワクチン(5種類を混合したもの)を注射します(図2)。ワクチン投与開始後4週目の時点で、採血を実施しペプチドワクチンの安全性の確認を行い、患者さんに不利益が生じなければ、繰り返し投与することが可能です。また、臨床効果を判定するためのCTスキャンなど画像診断を1−2ヶ月ごとに検査します(図3)。

図2

投与方法
図3

投与スケジュール

このワクチンに用いるペプチドは、国内の他施設の患者さんに投与され、何人かの方には投与した部位の発赤やかゆみ、発熱などがみられましたが、いずれも全身への重い副作用ではありませんでした。この臨床試験に伴う通常の検査、治療、入院費に関しては、健康保険などを使った場合と同様に患者さんの負担となります。しかし、ペプチドや特殊な検査に関連する費用は、患者さんが負担する必要はありません。

何かお聞きになりたいことがありましたら、平日午後に乳腺科外来にお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ