当院では医療従事者(医師、看護師等)の負担軽減及び処遇改善のため、下記の項目について取り組みを行っております。

  1. 勤務医の負担軽減及び処遇改善について
    • 看護業務
      • 看護師による静脈留置の実施
      • 看護師による造影剤の注入
      • 助産師による保健指導及び分娩業務
      • 看護師(多職種)による入退院支援の強化
        (Patient Flow Managementの活用)
      • 看護補助者による外来業務の補助
    • 薬剤業務
      • 薬剤師による持参薬の整理及び処方設計のサポート
      • 薬剤師による入院患者の処方提案
      • 薬剤師による化学療法レジメンのサポート
    • 検査業務
      • 検査技師による補足検査の提案及び待ち時間の短縮
      • 検査技師による臨床診断の代行入力
      • 検査技師による感染対策支援
    • 医師事務作業補助者の活用
      • 診断書の代行入力
  2. 看護職員の負担軽減及び処遇改善について
    • 重症度、医療・看護必要度に応じた応援体制
    • 他職種との業務分担
    • 看護補助者の配置
    • 短時間正規雇用の看護職員の活用
    • 多様な勤務形態の導入
    • 妊娠・子育て中、介護中の看護職員に対する配慮
    • 夜勤負担の軽減
  3. 医療従事者の負担軽減及び処遇について
    • 多様な職種配置及び勤務形態の活用(短時間勤務・夜勤専従)
    • 業務に応じた適正な人員配置
  4. その他
    • 【外来縮小の取組】
      • 逆紹介の推進
    • 【処遇改善】
      • 短時間正規雇用医師の活用(育児・介護のための勤務時間短縮)
      • 院内保育園の活用
      • 産前産後休暇、育児休業体制の支援